新製品情報

製品情報 »  新製品情報:4ポートソレノイドバルブ カセットタイプマニホールド SJ1000/2000/3000 Series

新製品情報

4ポートソレノイドバルブ カセットタイプマニホールド SJ1000/2000/3000 Series

New

2021/3

  • バルブ幅6.5mmのSJ1000を追加[New]
  • 薄型給排気ブロックAss'y(オーダーメイド仕様)[New]
  • SJ1000/SJ2000/SJ3000の混載が可能
  • コネクタ接続(カードエッジ式)
    連数の増減、バルブの交換が容易
  • ノンプラグイン個別配線にも対応

製品特長

バルブ幅6.5mmのSJ1000を追加

SJ1000/SJ2000/SJ3000の混載が可能

  • 消費電力

    0.15W※(SJ3000節電回路付)
    0.23W※(SJ1000/2000節電回路付)

    ※詳細はカタログをご参照ください。

    マニホールドはノンハロゲンリード線を使用

  • コネクタ接続(カードエッジ式)

    SJ1000/2000/3000 シリーズの混載が可能

    ・連数の増減、バルブの交換が容易
    ・34極コネクタを採用。ダブルソレノイドで16連、シングルソレノイドなら32連まで対応可能。

  • ノンプラグイン個別配線にも対応

  • プラグインタイプケーブル接続マニホールド

  • Dサブコネクタ

  • EX180一体型(出力対応)シリアル伝送システム

    ※コネクタ接続のみ。

  • フラットケーブル

  • EX510ゲートウェイ方式シリアル伝送システム

    ※コネクタ接続のみ。

  • 配管バリエーション

  • スイッチ付(コネクタ接続にて対応)

  • マニュアルロック

  • 継手の交換可能

バルブ連結機構

バルブロックスイッチによりバルブ同士の連結を固定します。
連結フックが隣接するバルブの連結溝に入り込むことで確実な接続が確認できます。

  • コネクタ取付方向

  • スイッチ付(コネクタ接続にて対応)

マニュアル種類

  • EX180一体型(出力対応)シリアル伝送システム

    ※コネクタ接続のみ。

    ・CC-Link(32点出力)、DeviceNet(32,16点出力)対応
    ・コネクタ接続によりSIユニットおよび配線の脱着が容易
    ・バルブ電源と通信電源を分離。メンテナンス時の安全性が向上。
    ・通信コネクタはT分岐型、ストレート型の選択可能。

  • EX510ゲートウェイ方式シリアル伝送システム

    ※コネクタ接続のみ。

    ・MAX.128点(入力64点/出力64点)
    ・すべての配線をコネクタ接続可能
    ・CC-Link、DeviceNet、PROFIBUS DPに対応

マニュアル種類

・3ポート弁を1台のバルブに集約。
・4(A)、2(B)ポートを個別に制御可能。
・4ポート弁と同一マニホールドに混載可能。
・3種類の組合せを用意。
・マニュアルと同色にしたA側、B側の機能を表示するシールが付いています。

減圧弁ブロック

SJ3000と同じ幅(10mm)の減圧弁ブロックです。
D側より供給された圧力をマニホールド内で減圧する場合に使用します。
減圧弁ブロックよりU側のバルブはすべて減圧されます。

中間コネクタブロックAss'y

マニホールドの中間に入れて使用できるコネクタブロックです。
同一マニホールド内でバルブの電気制御を分けたい場合または制御点数が不足した場合などにも使用できます。

減圧弁、圧力スイッチ付給排気ブロックAss'y

マニホールドのSUP. 圧力を調整する減圧弁です。
また、圧力スイッチおよび圧力計を取付けることが可能です。

減圧弁、圧力スイッチ付給排気ブロックAss'y

薄型給排気ブロックAss'y (オーダーメイド仕様)

給排気ブロックの幅寸法が標準品の15.5mmに対して10.2mmとなりマニホールド全体の長さを短くすることができます。

絞り弁付真空破壊弁 SJ3A6 Series

Go Top