新製品情報

製品情報 »  新製品情報:無線システム EXW1/EX600-W Series

新製品情報

無線システム EXW1/EX600-W Series

New

2022/4

  • 耐ノイズ性
    2.4GHz ISM周波数帯使用
    2ms毎(最速) 周波数ホッピング採用
  • 通信ケーブル不要
    配線工数・スペース・コスト削減
    断線リスク低減
  • FA環境における通信の安定性を実現
  • 小型・軽量(EXW1)
    体積:約86%削減、質量:約87%削減
  • モジュラ結合可能(EX600-W)

製品特長

無線システム


小型タイプ EXW1 Series


モジュラタイプ EX600-W Series

FA環境における通信の安定性を実現

複数台の無線ベースが同じ通信エリア内に存在しても、それぞれの無線ベースにペアリングされたリモートと通信可能。
製品個別のP.I.Dによりそれぞれの無線ベースが無線リモートを識別。
※P.I.D:Product I.D

外部アンテナ対応

周波数ホッピング/イベント通信方式採用

周波数ホッピング採用

独自のプロトコルにより、さまざまな障害から安定した無線環境を構築。他の無線機器からの干渉を低減。



イベント通信方式

情報に変化があった時のみ無線通信を行うことで、無線通信の電波出力回数を抑え、他の無線機器への干渉を低減。

周波数チャンネル選択

F.C.S. (Frequency Channel Select)対応

周波数ホッピングにおいて、ホッピングする周波数チャンネルを選択する機能。無線LANやAGVなどその他無線機器で使用している周波数がわかっている場合、それ以外の周波数チャンネルを選択しておくことで、選択された周波数チャンネルだけにホッピングをおこなうため、その他無線機との通信衝突が低減され、通信の安定化につながる。
※選択できる周波数チャンネル数は使用国で異なる。

使用周波数帯域

2.4GHz ISM周波数帯使用

暗号化による高いセキュリティー

データの暗号化による外部からの不正アクセスを防止しています。

リモート高速接続

製品診断

設定ソフトウェア(IO Confugurator)

ロギング機能

製品内部メモリに、下記情報が保存されます。
WEB機能、もしくは設定ソフトウェア(IO Confugurator)より、ダウンロードして、可視化することが可能です。

小型タイプEXW1とモジュラタイプEX600-Wとの混在可能

※混在する場合、通信速度・応答時間がEX600-Wの仕様に制限されます。(システム構成例参照)

システム構成例

配線材コスト&施工工数の削減が可能

※モジュラタイプEX600-Wの場合

互換性確保

アプリケーション例

Go Top