新製品情報

製品情報 »  新製品情報:ベルヌーイグリッパ ø40, ø60 ZNC Series

新製品情報

ベルヌーイグリッパ ø30, ø40, ø60 ZNC Series

2021/4

  • 薄布、フィルム、基板等の吸着搬送が可能
  • 省エネ 最大72%削減(リフト力に対する空気消費量の比較)
  • 高リフト力:28.3N
    従来比5.7倍(ZNC60:28.3N←従来品:5.0N)
  • 3種のボディ材質:アルミ、樹脂、ステンレス
  • アタッチメント
    ストッパ付:ワークの横滑りを防止
    振動抑制カバー付:薄物ワークの振動音を低減

製品特長

薄布、フィルム、基板等の吸着搬送が可能

基本形(振動抑制カバー・ストッパなし)

ガラスなど平面で硬く通気性のないワークを吸着すると非接触状態になります。

ワークに近づくとグリッパとワークとの間に流れるエアの流速が早くなり、真空が発生して吸着します。
ガラスなど平面で硬く通気性のないワークの場合は、非接触状態になり、0.2 〜 0.5mm 付近でバランスします。

ストッパ付

ストッパのゴムによりワークの横滑りを防止します。

ストッパを付けることで非接触から接触状態となりワークをグリップします。ガラスなど平面で硬いワークの場合は、滑り止めとしてストッ パ付を推奨します。布や紙など軟らかいワークを滑り止めとして使用する場合は、グリッパに接触して振動音が発生する恐れがあるため、 振動抑制カバー付を推奨します。
※ストッパはゴムのみ交換可能 ※ストッパを付けるとリフト力が低下します。

振動抑制カバー付

布や紙など軟らかいワークを吸着した際に生じる振動を抑制します。

振動抑制カバーにより布や紙など軟らかいワークがグリッパに接触することで発生する振動を抑制し、音の発生を低減します。
振動抑制カバーとワークとの隙間にエアが高速で流れ、安定した吸着搬送が可能になります。
※ 振動抑制カバーを付けると非接触ではなく接触になります。 ※振動抑制カバーを付けるとリフト力が低下します。

用途例

構造と作動原理

クリーンなエアを供給することで、異物の目詰まりを防止

配管ポート

シリーズバリエーション

Go Top